Information

2019/12/16

新刊『テンバガー超有力銘柄20&注目銘柄77 2020株バブル! 10倍株量産の予感』発売のお知らせ

新刊『テンバガー超有力銘柄20&注目銘柄77 2020株バブル! 10倍株量産の予感』発売のお知らせ

 

この度、 

2019年のクリスマス頃に

新刊『テンバガー超有力銘柄20&注目銘柄77 2020株バブル! 10倍株量産の予感』

が出版されることとなりました。

 

内容の概略は以下の通りです。

どうぞよろしくお願いいたします。

朝香友博PR事務局

 

【内容情報】(出版社より)

さあ、2020株バブルがやってくる!

中小型株急騰相場必至で、テンバガー獲得の大チャンス到来!

10倍株発掘のエキスパートが、発掘ポイント、有望銘柄を徹底指南!

 

●最強の買いサインがトリプルで点灯!

2019年10月31日、相場上昇の強力なサインが1日で3つも点灯し、

さらに30超の指標が1999~2000年ITバブル前夜と一致したということで、

本書の著者、朝香氏がついに筆を執りました。

 

 

●過去に出版した銘柄本すべてで10倍株を的中!

朝香氏は、過去に出版した銘柄本すべてで10倍株を的中させています。

今回の出版にあたり、それらの10倍株を改めて分析してみたところ、最有望銘柄、

特選3銘柄、あるいは中小時価総額(300億円以下)の上位20銘柄から生まれており、

改めてテンバガー発掘に時価総額300億円以下の中小型株が効率的だと証明されました。

今回、「時価総額300億円以下の10倍有力銘柄20」を紹介していますが、

その最大の理由がここにあります。

 

●本書の構成

第1章「2020急騰相場で10倍株・大化け株量産の予感」は、

なぜ、今後の相場が99年・00年のITバブル相場のようになる可能性が高いのか、

また、10倍株発掘のコツも併せて指南していただきました。

 

第2章「1999年の10倍株から学ぶ発掘ヒント」では、

ハイテク相場にふさわしいハイテク急騰相場の超成長株を割安で発掘するポイントも

初めて紹介していただいています。

 

第3章「テンバガー超有力銘柄20&注目銘柄77」は、

「時価総額300億円以下の10倍有力銘柄20」を紹介していただき、

さらに、2倍以上の大化けが見込めそうな魅力的な77銘柄も併せて掲載しています。

 

第4章「利下げ・株高局面で活かす景気の読み方と投資の知恵」では、

98年8月~99年4月の欧米やアジア中心とした世界、

並びに日本の金融・経済情勢の歴史(日経新聞の見出しやリード文)も収録されており、

ここからも現在とほぼ似通った相場環境だったことがわかります。

 

最終章「投資戦略2020&将来に向けて自分目線の投資を」では、

今後の相場におけるメイン・楽観・悲観シナリオを含む合理的な投資戦略を

ご提案いただいています。

また、2019年話題の大化け株「ワークマン」の実店舗を見に行ったにもかかわらず、

スルーしたことにふれ、正直に残念な気持ちがあることを認めつつも、

その体験も糧とした大化け株を発掘するうえで何が大切か、教えてくれています。

 

●著者のテンバガー実績(書籍紹介後に達成した銘柄のみ)

 シーティーエス、ゴールドウィン、ヨネックス、寿スピリッツ

(『東京五輪大化け株BEST10』)、

寿スピリッツ、アイ・アールジャパン

(『10年目線で買っていい株・買ってはいけない株』)、

鎌倉新書(『大化け株サイクル投資術』)、

ペッパーフードサービス(『インド+親日アジアで化ける日本株100』)、

北の達人コーポレーション(『いま仕込んでおくべき10倍株、教えます!』)

 

<目次>

第1章 2020急騰相場で10倍株・大化け株量産の予感

第2章 1999年の10倍株から学ぶ発掘のヒント

第3章 テンバガー超有力銘柄20&注目銘柄77

第4章 利下げ・株高局面で活かす景気の読み方と投資の知恵

最終章 投資戦略2020&将来に向けて自分目線の投資を

 

<Amazon該当ページ> 

テンバガー超有力銘柄20&注目銘柄77;2020株バブル! 10倍株量産の予感

<楽天ブックス該当ページ>

テンバガー超有力銘柄20&注目銘柄77 2020株バブル!10倍株量産の予感 [ 朝香 友博 ]

<彩流社(出版元様)の紹介ページ>

http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-2646-8.html

奥付の初版発行年月:2019年12月 / 書店発売日:2019年12月24日

【※各書店さんでのお取り扱いは24日ごろとなります。場所によって多少前後します。】

 

※公式発売日は12月24日ですが、

本の取次様以降の流通は出版元様ではコントロールができないため、

上記のように「前後」つまり、

24日よりも前に購入できる場所も出てくると思われます。

ただ、

それは出版社様ならびに事務局では把握ができませんので、

各書店様ならびに販売サイト様にお問い合わせください。

(稀に書店様によってはお取次ぎ様に直接取りに行かれた場合は、

最速で販売されるケースもあるとのことでした)

何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

1